ホームへ
賃貸住宅より持ち家の方がいいのでは?

「まだ賃貸住宅?」
このように言われることって多いですよね。いつかは家を持つ、賃貸住宅は持ち家に比べて劣っているかのような概念です。でも果たしてそれは正しいのでしょうか?
ところでなぜ家を持ちたいと思っているかってあなたは考えたことがあるでしょうか?不動産の購入は多くの人にとって一生で一番大きな買い物です。ここで立ち止まって「なぜ私は家を買いたいのか?」って考えてみるのもいいかもしれません。
私は自分で住むための家を所有していません。貸家住まいです。それは私たちの生活に一番あっていると思うからの判断です。それではどのように判断をしたらいいのでしょうか?以下にそれぞれのメリットを挙げてみました。

・持ち家のメリット
-愛着がわく
-改築などが自由にできる
-住宅ローン減税がある

・賃貸のメリット
-転居が自由にできるので変化(健康を損なう、収入が減る、隣近所とうまくいかないなど)に対応しやすい
-大きなローン返済をかかえなくてもすむ

ところで、皆さんが一番思うのは「同じお金を払っていても賃貸は自分のものにならないけど持ち家は最終的には自分のものになる!」というものではないでしょうか?それはそれで事実ですが、それが自分や自分の家族のためにメリットになるか良く考えてみてください。

「減税という恩恵を受けながら30年ローンを払い終わった後は家が自分のものになるのだからいいことじゃないか!」と思われていませんか?実はここに大きな落とし穴があるのです。

あなたは30年後どのような人生を歩んでいるかなんて予想できますでしょうか?将来の30年が予想できない場合は過去の30年を振り返ってみてください。戦後の高度経済成長があった後バブル経済を頂点としてその後は転落、空白の10年を経験して今は100年に一度の不況と呼ばれている時代です。このような大きな変化が今後30年間起きないと確信が持てるでしょうか?30年ローンを持つということは「そのような変化に対しても問題なく払っていく」と無条件に金融機関に約束をすることなのです。

その約束のために多くの方が自己破産をしていっているのです。

そもそも30年後に自分のものになるその不動産はどれくらい価値があるか予想できますか?木造の家なら30年後どうなっているか、30年前に建てられた家を見たら一目瞭然ですよね。マンションなら30年後古くなって建て替えが必要になっても全住民が同意するでしょうか?あなたにお金があっても隣の人はお金を持っていないため建て替えの反対にあうことでしょう。

「それなら売却すればいいのでは?」と安易に考えていませんか?そのような状態のときの売却というのはすでに損失(含み損)を抱えていますし、不動産は株のようにフェアな価格でいつも売れるとは限らないのです。したがって自宅を失い、さらに借金だけが残るというケースを数多く見てきました。

政府は住宅ローン減税で「住宅を買う」ことを奨励しています。しかし、これはあなたの幸せを願っての政策ではないことに気づいてください。政府が住宅を買うことを奨励しているのは住宅を買いさらに付随するモノを多くの人が買うことにより経済を活性化させ、税収を増やすためなのです。

あなたは数年前「ゆとり返済」というものを政府が奨励したのをおぼえていますでしょうか?「ゆとり返済」とは最初2-3年は返済額が少なくてすむので住宅を買うハードルが低くなるのですが、その後急に返済額が多くなるというものです。これを利用して多くの方が住宅を購入しました。これは2-3年後は出世し給料も上がっていけば問題なく機能するものだったのですが、現実はほとんどの方がリストラや給料の減額などを受け返済できなかったのです。まさに政府による詐欺としか言いようがない施策だったのです。

このように政府はいつでも経済の活性化(税収の増加)を優先し、ひとりひとりの返済事情など考えないのです。

金銭的にも余裕があり持ち家がいいと思う方はそれはそれで意義のあることだと思います。ただギリギリの生活をなさっている方は自宅を購入する前にもう一度考えてみてください。そして一生を駄目にするような無謀な判断をされないようにしてください。

大きなローン返済をかかえなくてもすむ賃貸マンション「セントエルモ高石」を一度見てみたいと思う方はここをクリック!